借金生活が目前の人がやっているお金の管理にまつわる7つの習慣|これだけはダメ!!

私には数年前まで約500万の借金がありました。
つまり…借金のプロです!

ちなみに当時、私が抱えていた借金の内訳はこんな感じでした。

項目 金額
消費者金融カードローン 300万
クレジットカード① 100万
クレジットカード② 50万
社内貸付 50万

正直、毎月の収入以上に返済や請求がくるため、貯金はもちろんまったくできず。

ボーナスなどを頼りにギリギリ年間でトントンの生活をしている状況でした。

私の【借金生活体験談と完済のための10の秘密】については、別記事で詳しく紹介しています。

関連記事

私は約5年前まで約500万の借金を抱えていました。 そして、その借金を真っ当に約5年かけて完済しました。 この記事では、私が借金500万を返済するために実行した10の秘密についてご紹介します。 この記事はこんな人にオススメ ・借金生活[…]

そして、この記事では、私の体験談をもとに借金生活に突入間際の人がやりがちな『お金の管理』にまつわるあるあるを7つ紹介します。
ぜひ、この記事を読んで、「危ない!」と思ったら直してみてください。
この記事はこんな人にオススメ
・なぜかお金が増えない人
・お金を借りようか悩んでいる人
・とにかくお金に無頓着な人

 

自分のお金について関心がない

あなたは次の質問にすぐに答えられますか?

・年収はいくらですか?
・月々の支出の総額は?
・固定費と変動費のバランスは?

・毎月いくら貯金できていますか?
もし、答えられない項目が2つ以上ある場合は、どこかで借金生活に突入する可能性があります。
自分がどのくらい収入を得ていて、支出がどの程度かを分からないのであれば、自分がどのくらい使ってよいか明確なジャッジはできないはず。
つまり、そんな中でお金を使っているというのはすごく危険なことなのです。
自身のお金について理解をしていない人は、借金生活突入の予備軍です。

 

お金に関する知識がない

お金に対するリテラシーが低いのも問題です。
お金に関する知識は学校では習いません。
だからこそ、
・税金ってどんなものがあるのか?
・老後はいくらくらい必要なのか?
・保険は入るべきなの?
・家は賃貸と購入、どっちが得なの?
などという、ベーシックなお金に関する疑問は、自分なりの解釈と答えを持っていなくてはいけません。
何もFPの資格を取ったり、お金博士になる必要はないのです。

最低限、自分が生活するうえで困らない程度の知識を習得しましょう。

 

家計簿がない

月ごとの家計簿をつけている方は、案外少ないと思います。

まずは足元の収入や支出を管理するために、家計簿(お小遣い帳)をつけてみてください。

何にお金を使いすぎているのか?
逆にほとんど使っていないのか?

こうしたことを理解しているだけでも、日々の管理やお金の使い方に変化がうまれます。

ちなみに、家計簿はアプリでも、Excel形式の家計簿でも結構です。

※私は、ネットで拾ったものをカスタマイズして毎月の収入・支出管理をしています。

 

長期スパンでの管理表がない

近頃、レシートを撮影するだけの家計簿アプリもあり、月ごとに家計簿管理を行う人は増えている印象です。

しかし、本当の意味でのお金のIN・OUTは日々の家計簿だけではわかりません。

月々のお金の増減を把握しているだけだと、

・今月は頑張って貯金ができた
・今月はちょっと使い過ぎた
という、あくまで単月での数字しかわかりません。
大切なのは、
「どのくらいの期間でいくら増減したのか」
「今後、家計にどのくらいの影響があるのか」
などを認識する事です。
少なくとも年単位や、半年ごとの管理表でお金の流れを把握しましょう。

 

予期せぬ収入や支出が多い

自分でなんだかよくわからない収入や支出が多い人は、かなり危ないです。
計画性がないと言えます
そもそも収入は、ある程度コントロールでき、把握することができます。
「毎月の手取りはどのくらい?」
「ボーナスは年間でどのくらい?」
「その他、還付金などはあるかな?」
一方で、支出も過去1年の実績を振り返ってみれば、ある程度は予測がつくはずです。
そこからきちんとした正確な収支の計画をたてることが必要です。
予期せぬプラスマイナスが発生するという方は、計画の見通しが立ちにくくなってしまいます。
自分自身のプラスマイナスを棚卸して、予期せぬ収入と支出を最小限に抑えましょう。

 

固定費の割合が高すぎる

みなさんに2つ質問をしたいと思います。
①家計の固定費とはどの部分でしょうか?
②ご自身の固定費割合はどのくらい?
この質問に、すぐに答えられる方はなかなかいないと思います。
まず、固定費というのは、住居に関わる費用や光熱費、保険料などを指します。
毎月一定金額が必ず発生しますが、一度減らせれば継続的に減額できるので、減らす努力をするべき項目です。
次に、固定費の割合について。
これは、生活レベルにもよりますが、収入の約40%前後が理想的と言われています。
固定費があまりに高い場合は、他をどんなに抑えてもなかなかお金に余裕がでてきません。
借金を抱えた際も、まず最初にメスを入れたい部分です。

 

支出が複雑になっている

借金生活に突入していく方、抜け出せない方の多くがこのパターンです。
・クレジットカードの請求が複数社
・消費者金融の返済が複数社
1か月のなかで、支出のタイミングや回数が複数になればなるほど、内訳や実態を把握しづらくなります。
例え、ひとつひとつの金額は大したことがなくても、複数社になると話は別です。
気付いたら簡単に収入を超えてしまい、結果として貯蓄を切り崩すもしくは新たな借金へと走る事になってしまうのです…。

 

まとめ:借金生活が目前の人がやっているお金の管理にまつわる7つの習慣

借金生活が目前の人がやってしまいがちなお金の管理にまつわる7つの習慣を紹介しました。

大切なことは
・自分のお金について関心を持つ
・収入と支出をきちんと理解し、管理する
・長期的な計画も見通しを立てる

どれも、ほとんど労力や努力を必要としないものばかりです。

お金に関心をもち、知識をもつことで、今後自分のお金が足りるのか不足するのかなどの予想ができるようになります。
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本ブログでも使用しているWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」。美しいデザイン、最先端のSEO機能、集客・収益化システム、全てが揃った究極のWordPressテーマです。様々なテーマやブログをtryしてきた管理人もオススメのテーマ。購入はこちらから。

CTR IMG