年収が上がらない人こそ転職を!|30代で年収アップの転職方法

転職を考え出す時の理由は人ぞれぞれだと思いますが、

「収入に不満がある」
「年収アップをしたい」

と考えている人は多いのではないでしょうか。

実際、厚生労働省による最新の転職者実態調査を見ても、30代の方の転職では約3人に1人が年収アップを目的に転職をしています。

そこで今回は、人にはなかなか聞きにくい転職での年収アップについてご紹介します。

 

30代転職者 年収アップの実態を解説

まず初めに30代転職者の年収アップについて実態を解説したいと思います。

厚生労働省による最新の転職者実態調査をベースにしていますので、是非とも参考にしてみてください。

 

約44%の人が年収をアップ

30代転職者のなかでは、なんと半数近い約44%の人が転職により年収アップを実現しています。

「転職で年収をアップするのは難しい…」と言われがちですが、これは都市伝説であることがよくわかると思います。

また、残りの割合を見ても約23%の人は年収が変わっておらず、年収を下げて転職をしたのは約33%です。

つまり、30代転職者の3人に2人は年収を下げずに転職を実現しているのです。

 

女性の年収アップが顕著

実は、年収を上げた割合は、男性よりも女性の方が高くなっています。

データには、正社員以外からの転職も含まれているため、女性が正社員転職して年収を上げたことも理由に挙げられますが、キャリアや資格をコツコツと積み上げてキャリアアップ転職を実現していると考えられます。

女性も年収アップのチャンス!

 

全世代の中でも30代は年収を上げやすい

実は、全世代のなかで年収アップ率が1番高いのが20代後半~30代となっています。

つまり、脂が乗り始めたこの世代は、その後の伸びしろにも期待でき、さらに即戦力として活躍することもできるので、転職を機に年収を上げやすいのです。

「年収を上げて転職をしたい!」そんな30代の人は、是非とも転職を考えるべきです。

 

30代の転職 年収を上げるためのポイントとは

厚生労働省の転職者実態調査をベースに、30代の転職にまつわる年収事情をお伝えしました。

皆さんがイメージしている以上に年収を上げている方が多かったのではないでしょうか?

ここから先は、転職で年収アップを実現するための抑えたいポイントを紹介していきます。

 

なるべく早い時期に転職をする

「全世代のなかで年収アップ率が1番高いのが20代後半~30代」とお伝えしました。

企業側としても、即戦力人材を期待し、またその後の伸びしろも十分に見込めるためです。

しかし、年収アップの割合は40代を境目に徐々に下がっていきます。

つまり、30代の転職が年収アップに適しているのは事実ですが、早ければ早いほうが良いというのも忘れてはいけないのです。

年収アップの転職を実現したいのであれば、少しでも早くから転職の可能性を持ち、転職について考える姿勢が必要です。

 

即戦力人材になる

これも非常に重要なポイントです。

20代の転職とは異なり、30代の転職は即戦力人材がであることが求められます。

そして、役職やポジションが与えられることも多いため、その分野に関するスキルや知識がいかに身についているかを問われます。

即戦力人材と見なされれば、必然的に年収アップにつながります。

即戦力人材かぁ…

多くの方は、『即戦力人材』と言っても「なかなか難しい…」と感じる方が多いのではないでしょうか?

ただ、「特別なスキルがない…」「即戦力人材になれないのでは…」という方も、ポイントを押さえれば年収アップの転職が可能です。

詳しくは別記事【30代のスキルなし・資格なし転職|だけど、これであなたも戦える!】で紹介していますので、合わせて読んでみてください。

 

市場価値の高い資格を取得する

当然ですが、必要とされるための資格を持っていれば年収アップの転職が有利に進められます。

そして、ここで言う『必要とされる資格』には2種類あることも押さえておいてください。

その仕事や業種で必要とされる専門的な資格と、汎用性が高く色々な業界で必要とされる一般的な資格です。

自分にとってどちらの資格が取りやすく、また転職する上で有効活用できそうかをきちんと見極めることも重要です。

こちらも詳しくは別記事『【30代の転職】 転職が有利になる役立つ資格5選』で紹介していますので、合わせて読んでみてください。

資格は随時追加しています

 

年収を大枠で考える

直接的な年収アップだけを考える必要はありません。

まず、賃金に関する考え方ですが、大事なのは年収額ではなく、時給換算した時の年収です。

つまり、同じ金額をもらえたとしても、より時間効率がよく働ける事を最優先するべきです

例えば、今現在のもらえている年収が、毎日23時まで働き、毎月60時間以上の残業をしてもらえているものだとすると、決して効率はよくないでしょう。

定時で出退社しながら同じ金額の年収がもらえるのであれば、実際は大きな年収アップと言えるはずです。

また、福利厚生や諸手当などを加味して年収を考えることも大切です。

例えば、住宅手当や家賃補助などで、月3万円の補助があれば年間に換算して36万円を受け取っているのと同じになります。

今の企業から受け取っている年収の内訳と、転職先企業での報酬の内訳をきちんと把握して、同条件の中で比較することで、年収アップをするにはどの金額を精査しなくてはいけないかが明確になるのです。

 

転職エージェントを活用する

知らない方もいるかも知れませんが、転職時には年収や諸条件を企業と交渉することも可能です。

ただ、面接で年収交渉することに高いハードルを感じたり、「内定したい」という気持ちと「少しでも良い条件を…」という狭間で上手な交渉ができないケースも多々あります。

そんなときに、年収や働き方など、企業に対して交渉窓口になってくれるのが転職エージェントです。

単なる調整ではなく、客観的に市場価値を勘案し、かつ企業に対しても実績などをベースにアプローチできるため、転職エージェントの役割は大きいのです。

なお、転職エージェントの仕事は、転職が成功した際に企業から報酬を受け取ることで成り立っています。

転職者の年収をベースもとに報酬が確定するので、年収交渉はエージェントにとっても、やりがいのある交渉につながっています。

関連記事

30代の転職は、即戦力人材であることが求められます。 20代の転職とは異なり、今までのキャリアや実績を武器にして、転職活動に臨むべきです。 それまでに培ったキャリアやスキルをきちんとアピールできれば、理想のキャリアアップや年収アップの転[…]

 

まとめ:年収が上がらない人こそ転職を!|30代で年収アップの転職方法

転職をする際に、多くの方が「年収を上げたい!」と考えているはずです。

そして、データが示す通り、実際に半分近くの方は年収アップを実現して転職しています。

まずは、30代の転職について理解し、自分がどのように転職するべきかをイメージしてみてください。

今の仕事の中で基礎力や即戦力を身につけたり、資格の勉強や専門的なスキルを学び、転職準備を進めたり、人それぞれできることがあると思います。

きちんとポイントを押さえ、多くの方が達成している年収アップの転職に、是非とも踏み出しましょう!

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本ブログでも使用しているWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」。美しいデザイン、最先端のSEO機能、集客・収益化システム、全てが揃った究極のWordPressテーマです。様々なテーマやブログをtryしてきた管理人もオススメのテーマ。購入はこちらから。

CTR IMG