30代の転職|転職エージェントは複数登録?1社だけ?

私は、30代半ばで転職をして、年収を約3割アップさせ社畜の働き方を変えて精神的な安定を手に入れました。

働きながらの転職活動を効率よく、そして有利に進めるために欠かせないのが、転職エージェントの存在

転職エージェントは、求人案件の紹介から面接対策や企業との細かい交渉など、転職に際しての様々なポイントを無料でサポートしてくれるサービスです。

30代の転職希望者のうち、3人にひとりが利用しているといわれる転職エージェント。

ただ、いざ利用してみようと思ったときに気になるのが「1社だけに登録すべきか、複数のエージェントを利用すべきか」というポイントではないでしょうか。

この記事では、私の転職経験をもとに、転職エージェントは複数登録がいいのか?1社だけがいいのか?というテーマについて、ご紹介していきます。

 

転職エージェントは複数利用が基本!

先に答えを言ってしまいますが、『転職エージェントは複数登録が基本』です。

ただし、多ければ良いというものではありません。

併用したからこそのデメリットもあります。

今回は、複数登録することのメリットやデメリット、そして上手な使い方について紹介していきます。

 

転職エージェントを複数利用することのメリット

まずは、複数利用するべき理由、すなわちメリットについてお話します。

 

たくさんの求人情報に触れることができる

1番分かりやすいメリットは、より多くの求人に触れることができるという点です。

転職活動を成功に導く大きな要素は、いかにたくさんの案件に触れることができるかです。

さらに、転職エージェントはそれぞれが独占案件や非公開求人を抱えています。

転職エージェントによっては全体の半分以上が非公開求人ということも少なくありません。

複数の転職エージェントに登録することにより、それだけ非公開求人に触れる機会が増えるため、より自分の条件にマッチした案件に巡り合える可能性が高まるのです

 

客観性が高まる

転職エージェントを活用するメリットとして、市場価値を正確に把握できるという点があります。

それまでの経験やキャリアを踏まえて、エージェントがその人の市場価値を分析し、アドバイスをしてくれるのです。

ただし、エージェントによっては、価値を高く見積もりすぎる、あるいは低く見積もりすぎることも多々あります。

より正しい客観性をもって自分の価値を把握する意味で、転職エージェントの複数利用はオススメです。

 

より相性のよいエージェントに出会える

転職エージェントに登録すると様々な実績を積んだプロのエージェントが専任となって、転職活動を強力にバックアップしてくれます。

ただし、エージェントによって力量や経験値に差があったり、そうでなくても自分とは考え方や相性が合わなかったりすることも、場合によっては発生するのです。

複数の転職エージェントに登録して、たくさんのエージェントに出会っていれば、相性の良し悪しを含めて選択することが可能になります。

 

役割の使い分けができる

転職エージェントを利用し始めると気付くのですが、網羅性はあれど、それぞれのエージェントで得意分野や専門性が異なることがわかります

初心者向けのものやサポート体制が充実しているもの、専門職を中心とした転職を得意としているものやハイクラス転職に特化しているものなど。

各社の実績やノウハウを蓄積した結果、エージェントごとの得意分野が異なってくるので、複数のエージェントに登録することで、自分の転職イメージに合わせて、エージェントを使い分けることができるのです。

 

転職エージェントを複数利用することのデメリット

エージェントを複数利用することでのデメリットは、非常に少なく、次の2つの点があげられます。

 

同一求人に応募してしまう

気付かないうちに同じ案件に別のエージェント経由で応募してしまうことが懸念されます。

当然、企業側のイメージも悪くなり、場合によってはエージェントとの信用問題にもなりかねません。

きちんと案件をその都度確認すること、そして求人を自分でも管理しながら転職活動をすすめるようにしましょう。

 

情報過多になり、迷いがうまれる

たくさんの求人に触れ、企業の情報などが集まるのは良いことですが、その度に様々なアドバイスをもらうことで、かえって情報過多になる危険性があります。

最後は自分で良し悪しを含めて判断するしかないのですが、エージェントとの相性や大事にしている転職活動の軸などを中心に、エージェントにも優先順位などをつけて向き合うようにしましょう。

 

転職エージェントの複数利用はココがポイント!

最後に、これまでのメリットやデメリットをふまえて転職エージェントの複数利用をする際のポイントを紹介します。

 

利用するエージェントは3社程度がベスト

多くの案件に触れて、自分のより希望に近い条件を引き出すためには、複数利用は絶対するべきだといえます。

ただし、あまりエージェントの数が多すぎても管理ができなくなってしまうのも事実です。

初めは少し多めに登録をしてみて、エージェントとの相性や使い勝手を検討し、最終的には3社程度を利用するといったイメージを持ちましょう

 

各エージェントの役割を明確にする

同じようなエージェントばかり使っていても、効率はあがりません。

案件を多く保有している大手企業のエージェントと専門分野に特化したエージェントを組み合わせ、さらにハイクラス転職向けエージェントでステップアップ案件を狙う。

このように明確な意図や使い分けをしながら、エージェントとの向き合いを進めていきましょう。

 

エージェントとの向き合いを大切にする

エージェントは転職活動を強力にサポートし、あなたと二人三脚で走ってくれるパートナーです。

「他にも転職エージェントを使っている」
「他のエージェント案件で採用が決まった」

これらのちょっと打ち明けにくいことも、きちんと向き合って正確に伝えることを心掛けてください。

いつ、また同じように転職活動に踏み出して、お世話になるかもわかりません。

しかも、その際にはあなたの情報をきちんと蓄積して、利用しやすいエージェントになっている可能性があるのです。

 

まとめ:【30代の転職】転職エージェントは複数登録?1社だけ?

この記事では、転職エージェントを複数利用することをオススメしました。

多くの案件に触れ、選択肢を増やしつつ、なるべく自分が希望する条件での転職を勝ち取ってもらうために、複数登録は絶対にするべきです。

そのうえで、自分にとって相性の良いエージェント、考え方が合って使い勝手の良いエージェントを選択できるようにしましょう。

その他にも【転職エージェントを利用するべき理由や各転職エージェントの特色をまとめています】ので、別記事もあわせてご覧ください。

関連記事

30代の転職は、即戦力人材であることが求められます。 20代の転職とは異なり、今までのキャリアや実績を武器にして、転職活動に臨むべきです。 それまでに培ったキャリアやスキルをきちんとアピールできれば、理想のキャリアアップや年収アップの転[…]

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本ブログでも使用しているWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」。美しいデザイン、最先端のSEO機能、集客・収益化システム、全てが揃った究極のWordPressテーマです。様々なテーマやブログをtryしてきた管理人もオススメのテーマ。購入はこちらから。

CTR IMG