30代の転職は未経験だと厳しい!?|メリット・デメリットについて

転職は若いほうが有利だと思っていませんか?

私も自分が転職するまでは、そのように思って悩んでいました。

「未経験の転職は非常にハードルが高い!」

そう叫ばれますが、本当にそうでしょうか?

 

私は30代半ばで転職をし、収入3割アップ。

さらに、社畜の働き方を変え、精神的な安定を手に入れました。

自身の転職経験を踏まえると、30代で転職するということはデメリットよりもメリットの方が大きいと私は考えています。

そこで、この記事では30代で転職する時のメリットとデメリットを紹介します。

この記事はこんな人にオススメ
・30代転職のメリットとデメリットを知りたい人
・初めての転職で悩んでいる人

なお、私の転職体験記として、【30代サラリーマンが働き方も年収もガラリと変えた転職方法とは?】もあわせてご覧ください!

 

30代転職のメリット

まずは早速、30代で転職することのメリットを紹介していきます。

 

即戦力でポジションを与えられる

あなたは転職先でのポジションとして、どんな自分をイメージしていますか?

・「手に職」があり、スキルを活かしたい
・得意分野があり、その一線で勝負したい
・経験を活かして、経営に携わりたい

30代での転職は即戦力として迎えられることがほとんどです。

そして、時にはポジションも与えられます。

管理職や幹部候補、役員のような立場で迎えられることもあるため、待遇が良くなることも。

もちろん、その分、責任がともなったり、求められる能力は高くなります。

それでも、それ以上に大きなやりがいを感じながら働くことができるのではないでしょうか。

 

収入アップの可能性がある

好待遇となれば、もちろん収入アップの可能性が大いにあります

それまでに培ってきた能力や経験、また転職先の業界によっては、30代での転職は年収を大きく上げることができるのです。

ちなみに、私の場合は、まったくの異業種でしたが、それまでの総合的な経験値を買ってもらうことができました。

管理職の立場で転職をして、年収も約3割アップさせることに成功しました。

転職する際の収入に関する悩みは尽きないと思いますが、30代での転職は経験値や能力次第で、年収アップを実現できるのです。

 

選択の自由度がたかい

業務経験を活かし同系列で転職をするのか?

あるいは、業界や仕事内容は違えど、養ってきた考え方やスキルを武器に転職をするのか?

30代転職は、武器になるものが多数あります。

さらに、戦えるフィールドが広いため、逆にいえば、かなりの選択肢を持ちながら転職活動を進めることができます。

つまり、自分のスキルや経験、働き方や仕事、さらにはプライベートでの希望をもちながら、転職先の会社と交渉することができるのです。

社会人経験が浅い20代の転職では、自分の希望を妥協することなく押し通して就業することは非常に困難です。

転職先の企業と同等に向き合い、譲れない条件などをきちんとぶつけたうえで、交渉ができるというのは、30代での転職の大きな利点です。

気持ちに余裕がある

30代で転職をする場合、多くの方は今の職場でもバリバリに働いていることと思います。

なんとなく、「忙しくて転職を真剣に考えられない」と思いがちですが、ここは逆に「良い転職候補がなかったら、今のまま働くことができるんだ」と前向きに考えるべきです。

また、20代の転職とは異なり、今までの経験値から人脈をたどって転職先を探したり、その評判を事前に確認することもできるでしょう。

つまり、30代で転職をするということは、気持ちの持ちようひとつでメリットが山のようにあるのです。

そして、そのメリットをプレッシャーと感じるか、逆に気持ちに余裕を持たせるために上手に活用できるかで転職活動を進める姿勢に大きな差が出てくるのです。

30代ならではの余裕で、前向きな転職活動を!

 

30代転職のデメリット

次は、逆にデメリットについての紹介です。

 

転職先での文化などに慣れるのに時間がかかる

今までの職場での経験が長ければ長いほど、新しい会社の文化や習慣に馴染むのに時間がかかる可能性があります。

自分で感じている以上に、今までに染み付いた考え方や行動は変えるのが難しいもの。

あまりに空気感などが異なる企業だと、慣れるのに時間を要するかも知れません。

ただし、そうは言ってもこれは時間が解決してくれるもの。

気付いたらいつの間にか慣れてしまうはずなので、気長に待つようにしましょう。

 

転職活動に割く十分な時間がない

今の職場でバリバリに働く30代だからこそ、転職活動に割く時間が十分にない可能性も。

「面接時間の調整が…」
「企業研究の時間が…」

仕事をしながら転職活動をしているのであれば、ある意味仕方のない問題だと思います。

もちろん、働いている合間をぬったり、隙間時間の有効活用で上手に転職準備ができれば、それに越したことはありません。

ただ、それでも難しい場合は、マイナビエージェントリクルートエージェントのような転職エージェントを頼るのもひとつの手です。

働きながらの転職活動を強力にサポートしてくれるので、30代転職のデメリット解消になるはずです。

 

未経験分野への転職はハードルが高い?

一般的に、未経験の分野(業界)への転職は難しいと言われています。

確かに、今まで営業分野で活躍してきた人間がいきなり「経理やってみたいです!」と言っても、30代転職で即戦力人材としてはNGです。

ただ、一方で、その業界は未経験でも、能力を活かせれば分野問わずに転職は可能です。

今まで採用をやっていた人が、業界を変えたら採用業務に携われないか?と言われたらNOですよね。

つまり、業界を変えてもスキルとして身についているものであれば、即戦力になれるのです。

ここを履き違えてしまうと、「今までとは全く異なる分野だから…」といって、勝手に自分でハードルを高くし、転職に踏み出せないままになってしまうのです。

 

まとめ:30代の転職は未経験だと厳しい!?|メリット・デメリット

今回は、一般的に多くの方が感じている30代が転職する上でのメリットとデメリットについて解説してきました。

人によっては、あてはまるもの、そうではないものあったかもしれません。

ただ、メリットを活かすも、デメリットと上手に付き合うのも、その人次第であることを忘れないでください。

考え方ひとつで変わります!

当たり前ですが、何事もやってみないとわかりません。

自分の市場価値がどのくらいで、自分に適した転職先があるのか、あるいはないのか。

そして、そのなかで自分がどのように立ち振る舞って転職と向き合えるのか。

どれも、一歩踏み出さないとわからないとことばかりです。

「こう、ありたい!」「何か、変えたい!」そう感じた時が大事なスタートになるはずです。

是非とも、前向きに頑張ってください!

関連記事

「ステップアップで転職がしたい」 「今の職場で一生やっていくのは不安」 「もっとお金が欲しい」 転職をしようと思うきっかけは様々ですが、そう簡単に踏み切れないのが転職というものです。 もちろん、転職にはリスクが伴います。 何より[…]

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本ブログでも使用しているWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」。美しいデザイン、最先端のSEO機能、集客・収益化システム、全てが揃った究極のWordPressテーマです。様々なテーマやブログをtryしてきた管理人もオススメのテーマ。購入はこちらから。

CTR IMG