絶対マネしたい!!|404エラーページがオシャレで秀逸な企業サイト

先日、wordpress管理画面にログインできずに『404エラー』ページが表示される現象についての記事を書きました。

その時に調べていて気付いたのですが、オシャレな404エラーページを準備している企業がチラホラ。

今回は、そんな秀逸な404エラーページを紹介していきます。

「おー、○○はオシャレなことしてるじゃん!」
「さずがは○○!ウィットに富んでる!」

といった感じで、肩ひじ張らずに楽しみながら読んでいただければと思います。

 

関連記事

wordpressにログインしようとした時に、急に現れる『404エラー画面』。 「あれ?ページがなくなった??」   一瞬、焦りますが、調べてみると同じような現象がチラホラ報告されています。 今回は、wordpr[…]

 

404エラーページとは?

普段インターネットを使用しているとたまに出現する、『404エラー』ページ。

このページの意味としては、以下の通りです。

webサーバのなかに指定されたURLに対応するページ等 をサーバが見つけられなかったことを示すもの。また、要求に応えられない理由をごまかすためにも使われる。

出典:Wikipedia

 

つまり「見ようとしたページがありませんよ」ということ。

・直接入力したURLが間違っている
・リダイレクトが上手くいっていない
・ページが削除されている
・リンクが切れたページを表示している

理由は様々ですが、「ページがないので、再度検索してみてください」といったメッセージを表示させるのが一般的となっています。

 

企業が404エラーページを大切にする理由

一般的には、「ページがないので、再度検索してみてください」といったメッセージを表示させれば十分ですが、企業がこのページにこだわるのには2つの理由があります。

 

情報伝達の観点

せっかくページを訪れてくれたユーザーに対して、情報を伝えられずに「404エラー」で終わりはもったいないですよね。

なので、404ページにサイトマップをのせたり、ほかのページへの誘導をはかったり、きちんとフォローができるようにしている企業が多く見受けられます。

 

ブランディングの観点

「404ページであっても大事にデザインし、顧客にブランドイメージを感じさせる」

そのためにページをきちんと作り上げている企業もたくさんあります。

これは、単なる顧客へのフォローにとどまらず、強くブランディングをしているので、よく見てみると秀逸なものがたくさんあります。

 

 

 

404エラーページがオシャレで秀逸な企業サイト紹介

それでは、早速、秀逸なデザインの企業サイトを紹介していきたいと思います。

本来であればページが表示されずに、気持ちとしては「・・・」となるはずが、逆に「良いもの見れた!」とワクワクするようなページばかりです!

 

NASA

 

そもそも404エラーページとは思えないほどの、世界観が出たページ。

NASAらしく、宇宙に一筋の光だけがある、壮大なクリエイティブページです。

そして、英語のコピーがひとつだけ。

「あなたが探している宇宙の物体は、事象の地平線を超えて消えました」

事象の地平線とは、時間方向に無限の未来まで行っても見えない時空の閉じた領域のこと。(天文学辞典調べ)

つまり、「探し物は未来のかなたに消えました」ということ。

オシャレすぎますね。

 

NASA公式サイトはこちら 

 


Amazon(アメリカ)

 

犬がちょこんと座って「ごめんなさい」の一言が表示されたページ。

Amazonは動物を大事にする企業としても有名ですが、それを象徴するようなページとなっています。

凄いのは、この名前入りの犬の画像が表示するたびに様々な犬種と名前に切り替わること。

私が見ただけでも10種類以上はいるかと・・・。

可愛らしい犬を見ると、ページがなかったことを忘れてしまいそうです。

 

Amazon公式サイトはこちら 

 


日本郵便

 

日本郵便らしいスタンプを押したページです。

特別凝っているわけではありませんが、らしさを存分に感じさせ、ブランドを意識づけられるページです。

 

日本郵便公式サイトはこちら 

 


ANA

 

パッと見た感じは空とANAの飛行機。

いわゆる空の旅といった感じですが、コピーがなんともオシャレに決まっています。

こんな言い回しをされたら、「まぁ、そうね」という感じで一呼吸おけそうです。

 

ANA公式サイトはこちら 

 


ZOZOTOWN

 

自社の商品を使って「NOT FOUND」を表現しています。

なんとなくZOZOTOWNらしい、特徴のあるページですよね。

 

ZOZOTOWN公式サイトはこちら 

 


ヤマト運輸

 

SNSなどでも話題になりましたが、404エラーページでゲームができちゃうヤマト運輸。

30個ある箱の中から、クロネコがいる箱を探すというもの。

一瞬、「え?」となりますが、ひと工夫のあるなかなか楽しいページです。

 

ヤマト運輸公式サイトがこちら

 


WWFジャパン

 

WWF(世界自然保護基金)のページは、よく特徴が出ています。

絶滅したドードーと「NOT FOUND」をかけて、ページが見つからないことを表現しています。

自分の探していたページがないことよりも、ドードーがいないことへの哀愁が勝ちそうです。

 

WWF公式サイトはこちら

 


 

まとめ:《まねしたい!!》404エラーページがオシャレで秀逸な企業サイト

企業によって、様々なページが準備されていて、ここまで気を配ったかというページも見受けられました。

 

もとはと言えば、自分の探しているページが見つからない時の『404エラー』。

でも、イラっとさせないような少しウィットにとんだ感じだを表現できると、むしろブランドイメージが上がったりする可能性もありますよね。

 

実は、私たち個人のブログについても、404エラーページは存在します。

デフォルトだと一般的な『404エラー』の表示だけになっています。

でも、訪れた読者の方に個性を感じてもらい、少しでも記憶に残してもらうために、斬新で秀逸な404エラーページを制作するのもいいかも知れません。

 

個人もしくは企業サイトなどで、ほかにもオシャレなページがあれば今後も紹介していきたいと思います。

 

関連記事

昨今の在宅ワークの推奨や働き方改革を受けて、副業について調べ始め、一歩を踏み出そうか悩んでいる方も増えたのではないでしょうか? 私が、副業について意識をし始めたのは5年以上前のことです。 理由は、単純で『借金を抱え、本業だけではお金が足[…]

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本ブログでも使用しているWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」。美しいデザイン、最先端のSEO機能、集客・収益化システム、全てが揃った究極のWordPressテーマです。様々なテーマやブログをtryしてきた管理人もオススメのテーマ。購入はこちらから。

CTR IMG