パパが娘のためにつくるお弁当レポートvol.3|ゆで卵のマヨネーズ和え

こんにちは、恐妻家で娘を溺愛している30代サラリーマンブロガーのあきです。

娘の幼稚園では、週に一回決められた曜日だけお弁当持参となります。

そして、その週イチのお弁当当番を見事に拝命しました。

娘の喜ぶお弁当を!

そんな思いから週イチのお弁当作りに全力を注ぎ、レポートしていきたいと思います。

今回はそんな『パパ弁当』のvol.3【ゆで卵のマヨネーズ和え】です。

ちなみにこれまで、【食欲そそる豚肉と野菜のみそ炒め】【いつでもどこでも万能なたまご焼き】を作りましたので、そちらも是非ご覧ください。

関連記事

こんにちは、恐妻家で娘を溺愛している30代サラリーマンブロガーのあきです。 娘の幼稚園では、週に一回決められた曜日だけお弁当持参となります。 そして、その週イチのお弁当当番を見事に拝命しました。 娘の喜ぶお弁当を! そんな思いか[…]

関連記事

こんにちは、恐妻家で娘を溺愛している30代サラリーマンブロガーのあきです。 娘の幼稚園では、週に一回決められた曜日だけお弁当持参となります。 そして、その週イチのお弁当当番を見事に拝命しました。 娘の喜ぶお弁当を! そんな思いか[…]

 

 

『パパ弁当』のコンセプト

パパが娘のためにつくる『パパ弁当』は以下で構成されています。

パパ弁当のコンセプト

・ごはんもの
ご飯やパン、麺類など。
弁当箱の半分くらいに入れます。

・おかず その1
その週のこだわりおかずを1品入れます。

・おかず その2
冷凍食品や前日の残り物などを活用。

残念ながら、現時点ではすべてを手作りして凝ったお弁当をつくるほどの実力もタイムマネジメントもできません…。

なので、 毎回この構成でお弁当を作り、【こだわりおかず】について紹介していきます。

 

パパがつくるお弁当レポート vol.3

今回作ったのは、こちらのお弁当です。

・ごはんもの
白ご飯に動物のりあーと。
かなり手抜きですが…娘が一緒に動物を選ぶので娘としてはお気に入りのご飯です。

・おかず その1
今回のメインである【ゆで卵のマヨネーズ和え】
一般的には、ゆで卵をつぶしてマヨネーズと和えて…ですが、今回は大人用のリッチな味付けも最後に紹介します。

・おかず その2
得意の冷凍唐揚げと枝豆
チーズをハムで巻いた「ハム・チーズ巻き」。
そして、イチゴのデザート。

 

レシピ紹介|ゆで卵のマヨネーズ和え

では、早速今回の1品【ゆで卵のマヨネーズ和え】について紹介します。

子供向けということで、コショウなどを使わずに少し優しい味付けになっています。

 

材料(1人分)

たまご:1個
塩:ほんの少し
マヨネーズ:大さじ1程度
味の素:ほんの少し

味付けの過程で、好みに合わせてマヨネーズや塩の分量を変えればOKです。

 

つくり方

① 卵をゆでる

水をたっぷり入れた鍋に卵を入れて、沸騰させます。

沸騰したら15分程度ゆで、水に移し替えて冷まします。

 

② 卵をつぶす

卵の殻をむき、ボウルに入れて潰していきます。

エッグスライサーがあると便利ですが、なくてもまったく問題ありません。

大きめのフォークを使い、縦・横交互につぶしていきます。

あまり細かくし過ぎる必要はありませんが、白身はダマになっていますのでフォークで小さくしていきます。

 

ちなみに我が家は、初めにエッグスライサーを使って少しだけ小さくし、フォークで仕上げをします。

娘がエッグスライサーを面白がって手伝ってくれるのと、やはり朝は時間がないので少しでも時短になるエッグスライサーは便利です。

 

③ 混ぜながら味付け

塩とマヨネーズ、味の素で味付けをします。

塩を入れ過ぎるとただしょっぱい卵になってしまうので、要注意。

マヨネーズはお好みで、少しずつ加えていきながら味を調えましょう。

 

つくり方のポイント

・卵のつぶし方

つぶし方は様々で結構ですが、あまり小さくし過ぎる必要はありません。

実際に食べてみるとわかるのですが、卵は少し大粒なくらいの方がマヨネーズとよくからまり美味しく出来上がります。

 

・味付け

小さいお子さんの場合は、塩とマヨネーズ・味の素を使った味付けで十分です。

お子さんが大きい場合は、コショウを使うとより味がしまって美味しさと香りが引き立ちます。

さらに、大人の場合は、そこにマスタードを入れるのがオススメです。

ピリッと辛みがでて、サンドイッチやタルタルソースとして抜群です!

 

パパ弁当 娘の評判|ゆで卵のマヨネーズ和え

今回も最後に娘の評判を載せておきます。

見た目のきれいさ 4.0
美味しさ 5.0
ボリューム 3.0
食べやすさ 4.0
総合評価 4.0

お弁当のおかずとしては、色合いが黄色で明るくなるため、見た目の評価はまずまずです。

そして、なんといってもマヨネーズと塩・味の素というシンプルな味付けが、卵と絶妙にからまって、信じられないくらいの深みをだしてくれます。

総合評価も高いので、単品でお弁当に入れてもいいですし、野菜と混ぜ合わせたりフライと一緒に入れたりと、活躍の場面が多いのでとても便利です。

 

まとめ:パパがつくるお弁当レポートvol.3|ゆで卵のマヨネーズ和え

今回は、【ゆで卵のマヨネーズ和え】をつくりました。

調理にかかる時間は15分程度

ただし、ほとんどがゆで時間なので、その間にお弁当の他のおかずなどを準備していれば、非常に効率よく作れるのが特徴です。

少し多めにつくって、大人用にマスタードを入れサンドイッチに挟んでみたり、レタスに巻いて食べてみたりと色々試してみてください。

決してボリュームはありませんが、思った以上に満腹感も出るのでとてもオススメです。

ちなみに、小学生の息子は「コンビニのサンドイッチより、美味い」といって食パンに塗りたくっていました。

次回は、子どもならみんな大好き「鶏そぼろの二色丼」です。

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本ブログでも使用しているWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」。美しいデザイン、最先端のSEO機能、集客・収益化システム、全てが揃った究極のWordPressテーマです。様々なテーマやブログをtryしてきた管理人もオススメのテーマ。購入はこちらから。

CTR IMG